17年前の今日 あれは突然にやってきた

そして 多くの尊い命を 無情にも奪い去っていったのだ

忘れられない恐怖が蘇る 涙が流れる

そう 私は あの大震災の生き残りだ

当時 私は 神戸市東灘区にあるマンションに住んでいた

そこで 阪神淡路大震災に遭遇したのだ 


大地震が起きる前日の夜

私は 酷い胸騒ぎを覚えた 今思えば 第六感と言われるものだ

” 私は 死ぬの? それとも 死に値する何かが起きるの? ”

その時は ” 何か ” という何かが分からなかった


窓の外は 妙に静まり返っていた

時計の秒針の音と自分の鼓動が うるさいほどに鳴り響く

” 怖い‥! 神様 どうか私を守ってください‥!! ”

心の中で 何度も何度も祈った

私は 目に見えない恐怖に脅え ひとり震えていた

AM 5:46 ついに その恐怖は姿を現し牙を向けた


地鳴りが響き渡る 轟音に驚いた私は飛び起きた

心臓が張り裂けんばかりに鼓動する

身を起こした瞬間 私は カーテン越しに信じられないものを見た

稲妻のような真っ青の光が 海面上に3本走ってくるのを見たのだ

その内の1本は こっちに向いて走ってきた

” なに‥? 海の上を青いひ‥ ” 

次の瞬間 この身は突き上げられ もの凄い力で引き倒された

身を起こす事も ままならない激震だった

硝子が割れ砕け散る 家具が引き倒される 柱が軋む

鉄骨が突き上げられて打ち付けられ もの凄い金属音が耳を襲う

床を通して鉄骨の振動がこの身を貫く

” 嫌だ!! 死にたくない!! 神様‥!! ”


どれくらいの時間が経ったのだろうか‥?

辺りは いつしか静かになり 私は ゆっくりとこの身を起こした

現状を把握出来ず 私は 呆然として座り込んでいた

” 私は 生きているの? それとも 死んでいるの? ”

衝撃で 自分がどうなったのか解らなかったのだ

朝日が射し込み 辺りを照らす

その時 目の前に現れた光景を見て 私は 言葉を失った

そして 自分は生きていて 地震が起きたという事が理解できた

空から 雨が静かに降っていた 慈しみの涙のように‥

言葉にならない思いが 涙となって溢れた

大地震は 大きな爪痕を残して去っていった


大地震に遭遇して ” 私は 生かされているんだ ”  と

心からそう思うようになった

私は 前を向いて精一杯生きる

この命が燃え尽きる日まで 失われた尊い命の分まで精一杯生きる


私は あの日を忘れない‥
[PR]
by winter_berry | 2012-01-17 00:00 | Trackback | Comments(2)

寒中お見舞い申し上げます。


寒に入り 一段と寒さが増してきました。

皆様は いかがお過ごしでしょうか?


私は 毎朝 ガーデンの落ち葉拾いをしながら 軽い運動をして

時間が出来た時は 読書やガーデニング おうちカフェをたのしんだり

生き物たちや氷・雪の結晶の観察をしたりしています。


寒い日が続いています。

風邪引きや体の冷えに気を付けてくださいね。

                      平成二四年 一月一二日

d0238608_1322054.jpg


d0238608_1331466.jpg


d0238608_13151781.jpg

[PR]
by winter_berry | 2012-01-12 13:07 | Trackback | Comments(3)